<< カウの浮上とテッの頭部落下が良好 | main | ラウンド中ずっと10連打! >>
0
    新たな有効技や戦法が明らかに

    ルール4の装備を着けてポーズをとってみました

     武術トライアルのルールが、何箇所か修正になり、それに従って予行。

     ルール4から開始。
     スティックを腕で受けてのティープが有効になることが明らかになる。スティックが腕に触れている間合いは、実はティープの届く間合いだった。
     組んでディスアームする際は、組んでからの打撃を入れると、相手の武器を奪いやすくなる。
     打撃でポイントを積み重ねるも良し、一気に飛び込んで組み、ディスアームするも良し。
     選択肢を拡げるつもりはなかったが、戦法が増えた。
     いずれの方法でも、状況に応じて考えずに行動すればいい。

     ルール3は、相手が1人しかいないので、打撃のカウンターのみ検討。
     しかし、打撃のみで悠長に対処していては、2人にやられる。
     位置を正確にとり、壁打ち技へもち込むのが最善だ。

     ルール2は搭手から開始だが、手は利き手のみ使用なので楽だ。
     離れたらティープとテッで攻撃し、マッの間合いになったら、手を出しながら、押し出しだ。

     ルール1は、3段階。
     第1段階・第2段階とも、最初の打撃は入るが、そのまま前に出て押し出しが有利になる。
     こうなると、体格差が決め手になる。
     ルール化の必然が、早くも生じている。
     いずれも狭い試合場なので、相撲的な押し出しで勝敗が決するだろう。
     第3段階は、1・2より1メートル広いが、間合いをととうとするだけで場外になる可能性がある。
     打撃は出しやすくなるが、やはり押し出しガ最も有効か。

     予行の後は、ルール4で有効性がわかったティープを、胴着用で練習。
     テッは、今週ずっと研究してきた位置取り、垂直上昇、膝入れを復習。
    | BUDO-STATION武術トライアル | 17:31 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE