<< 脇脱力による頭部・骨盤先導の浮上に気づくが、ミットでは「軽いよ」を連発される | main | カウの浮上とテッの頭部落下が良好 >>
0
    ミットで50連打! スパーは大きな相手にテッが不発
     盛況だった昨日と一転して、ジム一番乗り。
     タイヤから開始し、左右の脇脱力を中心に行う。
     シャドーも左右の脇脱力を使って各技を出し、5ラウンド。
     ミットはウー先生。垂直上昇の位置、膝入れなどが実行できていると感じるのだが、威力が実感できない。連打は落下も浮上も不十分。
     3ラウンドの終了近くに、なぜか50連打(!)を要求され、右で行い、威力は低下しながらも、速度とリズムは維持して50を完遂。我ながら良くやった。ここで3ラウンド目の時間が終了したが、次は左の50連打を指示され、さすがに気持ちがついていけなくなって、20で動きが止まってしまい、以後は連打というには、あまりに遅い動きで、もう10連打すると、また中断。最後の20は何とか動けた。この50連打は何だったのだろう?
     サンドバッグでマッ1ラウンドを行ってから、80キロくらいある19歳の相手とスパー3ラウンド。相手は大きいので、テッサーイを普通に出していいだろうと思っていたが、ティープとマッが中心で、テッが、なかなか出せない。リーチの問題なのか? マッの攻防からは、パムに持ち込めば、こっちのものだと思っていたが、強引な投げで膝の靭帯を傷められ、転がされてしまった。
     シャドーはクールダウンで2ラウンド。
    | ジム練習(シャドー、ミット、対人受け返し、サンドバッグ) | 17:10 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE