<< ルール4で逆手斬り、ついに敗れる。ルール1・2では八極拳が活きる | main | 新しいマシーンを様子見で慎重に試行 >>
0
    スパーで体が動かず、集中もできない
     タイヤから開始し、シャドー3ラウンド、サンドバッグ2ラウンド。
     ミットはドン先生。テッの威力が感じられるのか、単発が多い。連打は10が最高で2セットのみ。5ラウンドが一番多かった。連打数が多くなると力みが増える。落下はまだ不十分だ。
     スパーに入ると、腕が動かない。腕が動かないと、脚も動かない。待つ展開になってしまった。しかし、留意事項を意識してテッサーイを放つと、良い角度で入る。ただし、数がまったく少なく、計6ラウンド行って、3発しかヒットしなかった。出した数は、6発程度なので、50パーセントというヒット率は高いといえるか。
     スパーで集中力が維持できず、終了後は早々に切り上げる。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 19:43 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE