<< 手の脱力を徹底して練習 | main | レッグガード無しスパーで、テッの軌道・角度・タイミングをつかめ始め、ジャブにテッのカウンターが現実的になってきた >>
0
    マッとテッの身体操作を綿密に行う
     システマで行った脱力の手技を、手や腕の脱力を前提にし、落下、脇湾曲、逆行を行うことで威力を上げるマッを、復習も兼ねて練習。ミットで受けると、威力を上げるポイントは、脇湾曲にある感じがしてきた。
     後半は、今週のジム練習で成果を確認できたテッの身体操作。膝の垂直上昇とその位置、膝入れを解説しながら、シャドー、ミット、スパーを通じて使えるようにする。
    | BUDO-STATIONマーシャルボディ | 18:34 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE