<< 連打で前回に比べて落下が不十分になる。次回は修正だ | main | 今週のジム練習で実感した落下の重要性を整理して復習 >>
0
    ボクシング経験者とのスパーは、ティープで膝と腹、テッで右腕を攻撃していると、マッも入るようになる好循環
     タイヤから開始し、シャドー4ラウンド。
     ミットはウー先生。打点が高いため、序盤は軸足を伸ばして届かせようとしてしまうが、次第に落下ができるようになり、浮上→膝入れが連動し、威力の向上を感じる。
     高い位置を蹴るためには、浮上する。いや、高い位置でなくても浮上は必須だ。浮上のためには、大きく落下する。今週のミットで実感していたことを、さらに確信するミットだった。
     スパーは、先日、パンチのみスパーを行ったウェルター級のボクシング経験者と蹴りありで3ラウンド。
     蹴りありなら、こっちのもの、と調子に乗ることなく、慎重にティープから入り、相手の前進を確実に止めることができる。
     ティープが決まることを確認したのちは、相手のジャブに合わせてテッ。左前構えの右腕に食い込み、相手の動きが一瞬止まるのが、はっきり見える。
     ティープで膝と腹、テッで右腕を攻撃していると、マッも入るようになる好循環。
     ボクシング経験者に、ムエタイとの違いを知らしめる内容を実行できて、我ながら満足だ。
     あまりの暑さゆえ、汗を引かせるため、動きの小さいシャドー4ラウンド。それでも、汗が引かない。こんな日は、早めに終了したほうがいい。
    | ジム練習(シャドー、ミット、対人受け返し、サンドバッグ) | 17:37 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE