<< EZバー使用のリストカールで、前腕の内側と外側への刺激を実感 | main | ボクシング経験者とのスパーは、ティープで膝と腹、テッで右腕を攻撃していると、マッも入るようになる好循環 >>
0
    連打で前回に比べて落下が不十分になる。次回は修正だ
     ジムへの道では、暑さは呼吸で紛らすことができるが、汗は、どうにもならない。
     たっぷり汗を流してジム入り。
     タイヤから開始し、シャドーは胸脱力から後方脱力への移行を中心にして4ラウンド、サンドバッグ1ラウンド。
     ミットはドン先生。1ラウンド目は、力みが生じてしまうが、2分を過ぎたあたりから力が抜けてきて、テッの落下、カウの脱力などが可能になる。
     2ラウンド目は、5連打と10連打が増える。前回より、落下が実行できず、大腿を使った動きになってしまう。落下できてこその浮上、そして蹴りの威力。しっかり蹴りたかったら、まず落下。それを明日、修正しよう。
     3ラウンド目の終盤で、10連打を左で2セット、右で1セット行い、左は少し低下。右は膝入れができ、威力を感じた。
     サンドバッグでマッ1ラウンド、テッサーイ1ラウンド、テックワー2ラウンド。
     シャドーは、落下と浮上を重点的に行い、3ラウンド。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 15:56 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE