<< 落下、浮上、膝入れで威力が向上、スパーでテッの上体後傾、蹴り足の垂直上昇から膝入れを確認 | main | 来るのがわかっているはずなのに入ってくるマッを学ばなければならない >>
0
    ティープは、頭部を後方へ移動しながらも、蹴り足側を湾曲させることに、今回初めて気づいた
     先週に引き続き、ソークを多岐にわたって練習。しかし、脇湾曲と脇「弦張」(新しい造語)は共通の身体操作だ。
     湾曲を左右に移すことにより、ソーク各種の組み合わせ、ソークとマッの組み合わせ、マッの連打など、多用な変化につながる。
     脇湾曲から後方脱力に移すと、カウになる。
     脇湾曲の左右ずらしが、ティープ。しかし、ティープだけは頭の位置が湾曲側へ移動しないため、理解が難しい。頭部を後方へ移動しながらも、蹴り足側を湾曲させることに、今回初めて気づいた。
     湾曲と弦張を原動力にしたマッの変化、古式ムエタイの技なども行う。
    | BUDO-STATIONマーシャルボディ | 18:41 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE