<< マーシャルボディは、湾曲を使ったマッ、テッ、後半はソーク大全 | main | 大腿に専念し、内発動スクワットも追加 >>
0
    連打で連続浮上落下、スパーでテッの垂直浮上から膝入れを実行し、確信を得る
     下腹部の痛みは、入谷の階段を昇ることに原因があるのでは?とも思ったが、階段を浮上しながら駆け上がっても痛みは出なかった。全快を確信し、課題は明確にしながらも、よけいなことは考えずにジムへ向かう。
     日曜なので、すでに人が多く、ロープは省略して、シャドーから。
     シャドーを2ラウンドのみで、ミットへ。今回もチャークが多く、序盤は力が入って疲れを感じたが、脱力して動くことを思い出して回復。
     10連打は連続で行うが、「嵐」というほどの頻度ではなく、ひどい疲労に陥ることはなかった。前日に研究していた落下と浮上を少し実行できる。これを全動作で行うことが当面の課題だ。
     スパーは、自分より軽量の人を相手に4ラウンド。ダメージを負わせないようにするため、どうしても見てしまう。見ないで戦うことも、やっておかないといけない、と見ないで動くと、攻撃が入りやすくなった。
     相手のテッが横から来るので見やすい、と気づき、やはり垂直上昇からの膝入れが重要だ、と認識して実行すると、見事に決まり、強い確信を得た。
     ミット前のシャドーが少なかったので、サンドバッグは行わず、シャドー6ラウンドで身体操作を確認。
     先輩が、マッの受けを練習したいので、マッの攻撃側を依頼され、3ラウンド。ラウンドごとに戦法を変えて行いながらも、全体を通して休みなく攻撃するようことを自らに課した。終了後、先輩から「よく動けますね!」と誉められ、気分は上々。
     シャドー1ラウンドでクールダウン。蒸し暑いので、このくらいでは、汗がひかない。
    | ジム練習(シャドー、ミット、対人受け返し、サンドバッグ) | 15:50 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE