<< ミットでの回り込みで新たな課題 | main | 連打で連続浮上落下、スパーでテッの垂直浮上から膝入れを実行し、確信を得る >>
0
    マーシャルボディは、湾曲を使ったマッ、テッ、後半はソーク大全
     脇湾曲を使ったマッから開始し、単発、左右、そして4打までを、シャドーとミットで行う。
     脇湾曲を使った蹴りに移り、わかりやすいティープから始めたが、かえってわかりにくいようなので、テッに専念し、動作の要点を徹底。ミットで確認すると、確実に威力が高まっていることが感じられた。
     後半は、ソーク。競技におけるソークを、ほぼすべて行い、さらに古式のソークまで、多岐に渡って練習。ソークの防御はピッが中心になるが、そこからの展開にまで至った。
    | BUDO-STATIONマーシャルボディ | 15:42 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE