<< 10連打の連続でも低下はなく、回復が速い | main | マシーンフライトプリーローは、胸と背の両方に >>
0
    連打で着地時脱力が実行できる場面があり、わずかながらの向上を感じる
     今日の課題は、カウの湾曲部位変更と連打の着地時脱力、と明確にし、あとは考えないようにする。
     考えないことによって、昨日は不安の発生を防ぐことができ、これはいい!と思っていたのだが、ジムへ向かう途中に、土曜と同じく脇腹が痛くなってきた。これは危険だ。
     しかし、歩いているうちに、重いバッグを持っていることで脇腹が緊張し痛みが生じているのでは?と思えてきた。
     気持ちを落ち着かせてジム入りし、ロープを開始すると、驚くほど早く痛みが消えた。
     シャドー1ラウンドのみで、ミットへ。
     今回もドン先生で、2ラウンド目は10連打から開始し、以後、10連打を何回行ったか記憶できないほど繰り返す。さすがに低下が生じたが、動けなくなるような疲労は生じなかった。
     課題であった着地時の脱力が実行できる場面もあり、その際はリズムが生まれて浮上も良好になった。
     連打を連続しているときは、これだけ続くと、昨日の向上が停滞してしまっている、と思えていたが、終わってから振り返ると、また少し向上したと実感できる。
     今回は、連打の他に、先生が前進して左右への歩法を使いながら蹴る要求も多かった。左右の動きは常に行っているのだが、いざ前進されると、バタバタしてしまう場面もあり、力みからの疲れも生じた。
     サンドバッグでマッ1ラウンド、テッサーイ2ラウンド、テックワー2ラウンド、ミットでの反省を元に歩法からのテッ1ラウンド。
     ミット前のシャドーが不足していたので、カウの課題を確認しながら3ラウンド。考えていた湾曲移動は不自然な動きになってしまうため、軸足側湾曲から後方湾曲への移動へ修正し、良い形ができてきた。
     テッサーイ2ラウンド、晴れてきたので日光浴を兼ねたクールダウン2ラウンド。
    | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 15:45 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE