<< ミットで脱力して弛緩の時間が延び、シャドーで己の意志を介さず自然に動ける感覚を得る | main | いきなりのスパー、ミット、カウバンで対人練習の連続 >>
0
    2つの初! ロープが気持ち良く感じられる・先生から詳しい指導を受ける
     ジムへ行く途中の道で、胃に緊張が生じる。脱力して緊張を消そうとしたら、全身が弛緩する感覚を得た。これはいい。しかし、動きの中で、相手を前にして、弛緩できなければならない。
     ロープは快適にでき、汗が出て気持ちがいい、と思える。ロープが、やっと気持ち良く感じられるようになった。
     シャドーは、崩しの動作から始まり、マッ、カウ、ティープ、テッへと流れ、5ラウンド。テッは、この段階で、良好な横上げと膝入れができる。ミットでも実行できるか?
     ミットはウー先生。マッ、テッとも、弛緩できて打撃の感触が快い。テッの横上げから膝入れも、かなり実行できている感じがする。連打は5まで。浮上できるのだが、前の結合に流れるところはあった。
     3ラウンド目で、カウはスーンを要求され、かなりの数を行った。ここが最も疲労した。やはり形にとらわれると、無駄な力みが生じて疲労につながることを再認識させられる。
     サンドバッグでマッ2ラウンド。頭の位置を注意して行う。
     先生が時間をもてあましているようで、またリングに呼ばれ、カウの個人指導をしてもらえる。構えの足位置、上体の角度、腰の使い方、そして横上げと、これほど詳しく指導されるのは初めてだ。正確に実行できているかどうか自分では判断できないが、先生の反応は良かった。
     シャドーで、指導されたカウのポイントを復習。
     スティッフアームチニング11回3セット。
     シャドー2ラウンドでクールダウン。
    | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 15:24 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE