<< ついにチャークの身体操作を発見 | main | 大腿、背、下腿を行い、システマ式スクワット >>
0
    スパーで「見て」しまい、今週の向上を活かせず
     タイヤで十分に身体操作の準備。シャドーを外で、マッ1ラウンド、カウ1ラウンド。
     ジム内に戻ると「スパーリング!」の指示。しかも「野沢、今日はミットない」と言われてしまい、日曜でも、ミットは絶対やっておきたかっただけに、物足りない。
     気持ちを入れ換えて、スパーに臨む。最初の2人が、経験の浅い人だったので、受けに回って見てしまった。これが、次から始まる先輩たちととのスパーで尾を引いた。やはり、見てしまい、そうすると、何かをやろう、という気持ちになり、身体は予備動作を行ってしまう。悪循環から抜けきれないまま、終わってしまった。
     今週は、せっかくミットで向上を感じていたのに、出力先としてのスパーで活かすことができなかった。
     改めて「見ない」ようにし「相手の初動をとらえる」動きに戻そう。
     スパーは計11ラウンドに及び、終了してシャドー2ラウンドでクールダウン。
    | ジム練習(シャドー、スパー、パム、サンドバッグ) | 17:44 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE