<< ミットの連打で、前結合から横上げへのずらしにより、疲労を解消、動きを修正 | main | ミットで先生が話しかけてリラックスを促してくれるありがたさ >>
0
    30連打で低下や中断なし、希望が湧いた
     昨日は、「ずらし」(もっと適切な名称を考えよう)による痛みの解消、疲労回復、動きの修正が実行できる記念すべき日となった。
     さて、今日は、それが継続できるのか? そんな先のことを考えては、いけないのだが…。
     ロープは快適。痛みも疲労も生じないが、強いて挙げれば、前腕に力みがあり、それをずらそうとするが、力みは長続きすることなく消えてしまった。
     シャドー2ラウンドのみで、ミットへ。ウー先生で、マッもテッも、冒頭は、快い打突音を味わえた。
     しかし、テッの位置が高く(ほぼスーンの高さ)、浅い蹴りになったが、無理があっても膝を入れて蹴り込むようにした。
     2ラウンド目は、30ラウンドの指示。冗談だろう、と単発で蹴っていたが、30を譲ってくれない。あきらめて実行すると、17蹴ったところで「数えるのを忘れた(笑)」と言われ、最初から30まで。ほぼ47連打に近かった。以前のような低下や中断はなく実行できる。疲労してきたら、ずらしや見ないことによって回復させながら続行。これなら、もっと質の高い30連打が可能になる希望をもてた。
     サンドバッグでマッ2ラウンド、テッサーイ2ラウンド、テックワー2ラウンド。
     システマ式シットアップ30回、40回。姿勢を保つことによって、脱力しながら軽快に動けるようになる。
     シャドー2ラウンド。カウの伸び、脇湾曲が良好。システマ式シットアップのおかげだろうか。
    | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 14:52 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE