<< 広背筋用のマシーンで胸に効かせる試みは断念 | main | スパーで高校生のマッタワットからマットロンに後退させられる >>
0
    ミットの連打は日曜に比べて後退
     先週の後半には、惰性から平穏へと良い流れになっていたが、月曜の休業をはさんで、また不安が生じてきてしまう。開き直ってジム入り。
     平日ながら、人が多いので、タイヤ。ふくらはぎに痛みがくるが、ずらしで回復。以後は、好調に続行。
     シャドーは1ラウンドのみで、号令サンドバッグ。右30、左30、右30、左30。「野沢さんは、ケロッとしている」と言われ、誇らしい気分に浸れる。
     ミットへ。ドン先生で、最初から連打が多く、2、3、5、10を組み合わせて続く。前への結合に流れる場面が増え、脱力や浮上ができず、威力が低下する場面もあった。日曜に比べると、後退の感が強い。
     カウを、先生がロープを背にしたところへ思い切り伸ばしたところ、腰をひねった。一瞬、動きが止まったが、回復。しかし、先生は大事をとって、3ラウンド目はマッのみにしてくれて助かる。マッなら、いくらでも動ける。落下、寄せなどに留意しながら、威力を高めるようにした。
     サンドバッグでマッ2ラウンド、テッ3ラウンド。
     シャドー2ラウンド。
     量は少なめだが、週の始まりは、この程度でもいいだろう。少しずつ上げていこう。
    | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 15:34 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE