<< 横湾曲を徹底して練習 | main | 広背筋用のマシーンで胸に効かせる試みは断念 >>
0
    ミットで横上げや脱力が実行できる頻度が高まり、良好な内容
     タイヤで身体操作の準備をしっかり行って、シャドー5ラウンド。サンドバッグに移ろうとしたら、目の前で全部埋まってしまい、またシャドーに戻ろうとしたら、ウー先生が登場して、ミットを指示してくれた。
     マッの速い指示には、かなり力を抜いて応じることができる。テッの横上げと膝曲げによって威力を感じる。連打でも横上げが、だいぶできるようになってきた。途中、連打の疲れで威力が低下したところもあったが、程なく回復。全体的に良好の内容だった。
     ウー先生が、テッタンの指導をしていたので、それを真似てサンドバッグでテッタン1ラウンド。続いてマッ1ラウンド、テッ1ラウンド、ティープとテッ2ラウンド。
     マッのガードを対人練習。ほぼ約束組手式に行ったが、3ラウンド目はフリーのスパー形式にした。
     今回は、いつもスパーを行うメンバーが1人も来ていないので、通常のスパーができないのは残念だった。
    | ジム練習(シャドー、ミット、対人受け返し、サンドバッグ) | 18:09 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE