<< ミットは、昨日より弛緩度を増し、疲労度は低下 | main | 流れてしまいがちな力を鍛錬部位に集中させる作業は、力ずらしと逆 >>
0
    ミットで脱力や落下による威力を実感
     電車の中で、ミットの最中に「疲れたの?」と言われたら、意地を張らずに「疲れました」と言っていいのではないか、と思えてくる。
     ロープは、いきなり膝に痛みがくるが、クッションを足首にずらす意識で続けていると、膝の痛みは消えて、好調に行うことができる。
     シャドー5で、身体操作の準備と確認。
     ミットはウー先生。マッの下半身脱力、テッの腕落下などにより、威力を感じる。しかし、連打で疲労し、威力が低下。それでも、すぐ回復した。
     今回は、先生が会長やゲーオ氏と話していて、間が長かったため、ラスト30秒で、脇脱力ができた。
     サンドバッグでマッ2、テッ4、拳立て10、4、4、4。ストレートレッグトゥタッチ12、6、4、。
     平日の昼にしては、人が非常に多くなり、シャドーのスペースがなく、再びサンドバッグへ戻り、テッ2ラウンドでクールダウン。
    | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 17:38 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE