<< テッ、マッ、連打とも向上が見られ、やっと上出来な内容となった | main | 久々のベンチプレスは手首に痛みが出ないようナローぎみで >>
0
    マッのみのスパーで終了間際に強打をもらってしまう油断
     土曜で人が多いだろうが、だからといって楽になるわけではない。深呼吸を続けながら、ジムへ向かう
     ジム入りは10番目。当然、ロープを行うスペースはなく、限られた空間でシャドー。ミットの順番待ちを兼ね、入念に6ラウンド。サンドバッグを3ラウンド。
     今週のミットは、完全にウー先生となった。回転の速い指示を、昨日と同様に脱力しながら対応できる。2ラウンドは5連打で始まり、以後、2連打や3連打の頻度が高く、ウー先生にしては珍しい10連打も行う。左右の脇脱力で、威力を維持。しかし、連打が続いて疲労は激しい。2ラウンドを終えると、ミットは終了となった。人数が多いので、2ラウンドまでとのことで、助かった、というか、あと1ラウンドやりたかったというか、複雑な思いだった。
     すぐスパーに移る。冒頭に右の強打をもらい、動きが止まっていたことを思い知らされ、以後は8の字を意識しながら、ティープで止めておき、マッのカウンター、終盤はテッという流れを実行できた。しかし、後になって思い返すと、せっかくティープが当たって間合に入っているのに、次のテッへつなげていなかった。
     3ラウンドを終えて、4ラウンド目はマッのみ。前回と同じくマットロンばかりになってしまうので、手数を増やす。こちらの攻撃は決めて、相手の攻撃をかわす、という展開を確立している、と思っていたら、終了ア際にまた右の強打をもらい、鼻の上部を切ってしまった。油断が生じていた。反省しなければ。
     シャドー2ラウンドでクールダウン。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 19:58 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE