<< ミットで研究成果を発揮できなかったものの、修正して良い兆しが見える | main | ティープ、カウ、テッの身体操作を徹底追求 >>
0
    昨日の不出来を払拭できず不満の残る内容となる
     昨日のミット内容が良くなかったため、不安を抱きながらジム入り。
     ロープから開始。シャドーはティープ、カウで3ラウンドのみ。
     ミットは昨日に続いてウー先生。やはりマッの回転が速く、大丈夫か?という気も起きたが、昨日よりは力が抜けた。しかし、姿勢が崩れ、肩が前に出る予備動作が生じている。修正しようにも、指示についていくのが精一杯で、同じ動きで続けるしかない。
     カウは昨日同様に良好。マッは単発なら、かなり課題を実行できている。連打は3までと少なめだったが、腕に力みがあり、呼吸・脇脱力・不見などを実行できなかった。
     全体的に、昨日ほどひどい疲れはなかったが、不出来を感じる内容に終わった。
     反省を踏まえて、サンドバッグでマッ2ラウンド、テッ5ラウンド。テッは脇脱力により動きが良くなったが、膝5センチ高が実行できているかは確認できない。
     クランチ12回3セット、クロスオーバーツイスト左右各10回。
     シャドー2ラウンドで身体操作の確認。シャドーだと、テッの蹴り足が軽く動いていることを感じる。
     今回も不満の残る内容だった。
    | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 15:51 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE