<< ティープ、カウ、テッとも脇脱力が効果を上げるが、テッは膝5センチ高が実行できず課題が残る | main | 昨日の不出来を払拭できず不満の残る内容となる >>
0
    ミットで研究成果を発揮できなかったものの、修正して良い兆しが見える
     連休明けのウィラサクレックジム練習。ジムが休みの間、身体操作の研究をしっかり進めて、それなりの成果を感じていただけに、今日は、それらをどれだけ実行できるか?の意識に満ちていた。
     電車の中で、テッの脇脱力を思い返していたら、では連打ではどう動く?と疑問が生じ、その答えが出てこない。せっかくいい感じでテッが出るようになったのに、連打では通用しないのか?
     自分で勝手に不安を作り出してしまったまま、ジム入り。
     ロープに始まり、シャドーはティープ2ラウンド、カウ1ラウンドだけで、テッはほとんどできないまま、ミットへ。
     ウー先生の回転が速いマッ要請に応じて、どんどん出していくと、発声に力が入りすぎて、疲れてきてしまう。
     肝腎のテッは、意外に良く動けていたが、連打(5まで)になると、迷いが邪魔をして、通常の動きすらできなかった。
     マッの疲れ、テッの疲れで、2ラウンドの途中に、これでは動きが止まる!と思えるほどだったが、何とかもちこたえ、3ラウンドの後半では回復した。
     連休中の研究成果を発揮するどころか、連休でなまった身体を思い知らされた、という内容に堕した。
     スウェーデンの女子王者とマッのみのスパー。リーチが、こちらより長く、しかも前に出てくるので、マットロンとボディ打ちには苦労させられたが、要所でカウンターを決めて対処できた。ただ、16オンスゆえか、単発になってしまったのは心残りだ。ボクシングに専念するわけではないから、この程度で迎合しておいてもいいか?
     サンドバッグでマッ2ラウンド、テッは軸足側脱力、膝5センチ高を重点的に4ラウンド。このサンドバッグで、腕の振りは斜めでなく垂直の軌道にすべきことに気づき、肘を脱力した肘先導を改めて実施。シャドーで再確認すると、かなり軽く足が上がるようになった。これは良い兆しが見えた。明日は、より良いテッになるか?
    | ジム練習(シャドー、ミット、対人受け返し、サンドバッグ) | 15:00 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE