<< 発見事項を解説して練習 | main | ティープ、カウ、テッとも脇脱力が効果を上げるが、テッは膝5センチ高が実行できず課題が残る >>
0
    内発動トレーニングも加えて脱力の感覚を維持
     ウィラサクレックジムは連休中なので、またしてもウェイト。今回は内発動トレーニングも加えるようにする。

    大腿
     スクワット20キロ12回、40キロ8回2セット、50キロ4回2セット、20キロ12回
     ベンチヒップリフト16回3セット、システマ式で20回

    内発動
     挙上落下スクワット30回
     前方腕浮上30回
     挙上浮上スクワット30回
     下垂落下スクワット30回
     後方腕浮上30回
     下垂浮上スクワット30回
     挙上踏み込みスクワット30回
     下垂踏み込みスクワット30回
     これまで、浮上スクワットでは、背筋に過剰な力が入っていたが、全身を脱力させる感覚で、動きが軽くなった。

    上腕(二頭筋)
     マシーンカールを左のみドロップセットで5キロ12回、8回、6回
     マシーンサムアップカール14キロ8回3セット。右手に痛みが出てきてしまった。
     また左のみにして、インナーカール5キロ8回、4回、4回

    上腕(三頭筋)
     エクステンションマシーン16キロ8回3セット


     ラットマシーンプルダウン21キロ10回、16キロ10回2セット

    五行の気、各種ディアム。ディアムは部分的な動きに限定し、技全体は明日に持ち越しだ。
    | ウェイト&内発動トレーニング | 17:43 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE