<< 身体操作への懸念が残っている中、身体づくりに専念 | main | 発見事項を解説して練習 >>
0
    ティープ、カウ、テッの重要な身体操作を発見
     マーシャルボディに先立ち、身体操作の懸案事項を確認。
     ティープから。サマート氏の写真をさらに凝視して、軸足が先に返って上体が横を向き、脚が真横へ上がることを発見。そこから軸足側の脇脱力によって上体を傾ける。この傾きは、自分の身体でとらえると、後傾でなく横傾となる。
     カウは、腰脱力と同時に蹴り脚側の脇脱力も行うと、横へ上げる感覚が生まれる。
     そして、テッ。ディアムで背の脱力をすると同時に軸足側の脇脱力。この瞬間に膝が真横へ上がる。上げるのではなく、上から吊られて上がる感覚にし、下がった頭の位置を前に移動させない。
     だいぶ整理がついた。ラウンドを決めて行わなかったが、数と時間では、おおまかに、それぞれ3ラウンドずつくらい行った。
    | BUDO-STATIONムエタイ自主練習 | 17:39 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE