<< カウの脇脱力を模索、ミットの連打は呼吸が合ってきた | main | 身体操作への懸念が残っている中、身体づくりに専念 >>
0
    シャドーを撮影して、課題がまったく実行できていないことを確認
     ティープの脇脱力から開始し、おおまかにティープ3ラウンド、カウ3ラウンド、テッ3ラウンド。いずれも脇脱力の実施に徹する。
     撮影した動画を見ると、ティープは、まだ前に膝が上がっている。横上げを徹底しなければならない。
     カウは、少し前に伸びてきた。脱力が合わない感覚があったが、このまま進めていって良さそうだ。
     テッは、いつも唱えてきた90度開きも、膝5センチ高も、まったく実行できていない。真横へ、あと5センチ高く上げることが当面の最大課題だ。
    | BUDO-STATIONムエタイ自主練習 | 18:03 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE