<< ミットでテッ連打、スパーでサマート氏ティープの効果を実感 | main | ミットで力みが生じて脇脱力が実行できず不満の内容となる >>
0
    ラットマシーンで、トレーナー氏の指摘を受けながら脱力などを修正
    大腿
     ヒップアダクションイン32キロ10回、41キロ8回、50キロ6回2セット
     ベンチヒップリフト10回2セット
     ヒップアダクションアウト23キロ10回、32キロ8回3セット
     スプリットスクワットをシステマ式で右40回、左40回。100回はできると思っていたが、意外に筋肉疲労が大きかった。


     ラットマシーンプルダウンを33キロで行っていたら、トレーナー氏から、肩甲骨が寄っていないと言われ、肩甲骨寄せ、僧帽筋と二頭筋の脱力、腕の角度、横隔膜上昇など、さまざまな注意点を指摘されながら修正。自分では、広背筋以外を脱力して動いていたつもりだったが、力が入っていたとは。ウェイトのような単純動作で、これでは、ムエタイでは、まだまだ脱力ができていないと思われる。良い反省になった。

    五行の気、各種ディアムで舒筋
    | ウェイトトレーニング | 18:07 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE