<< ミット10連打は、横結合と「見ない」ことで威力が高まり、昨日の不調を払拭 | main | 脱力も加えて胸、腹、腰 >>
0
    連打で呼吸の活用は実現できなかったが、疲労の回復は早い
     復帰後3日連続のジム練習は、どうなるか?1日目と同じくらいの不安を抱きながら向かうが、ジム入りの直前から不安は消える。
     2ヶ月後にタイトルマッチを控えたゲーオ氏がいて、こんな強い人と一緒に練習していいのか、と勝手な思い込みを抱いてしまう。
     タイヤはディアム中心に動き、好調。
     シャドー5ラウンドで、課題としていたティープの膝を上げる角度、テッの軌道などを確認。
     サンドバッグ2ラウンド。
     ミットは3日連続でドン先生。マッは力が抜けて、だいぶ良くなってきた。テッは、序盤だけ音が良いのだが、以後は、やはり軌道の修正による威力の向上が感じられない。
     2ラウンド目開始から10連打が始まり、今朝気づいた呼吸を活用しようとしたら、うまくいかなかった。しかし、ミットを見ないことによって威力は維持。連打の直後は急速に疲労して、これは動けないか?と思うものの、自分でも驚くほど早く回復でき、動きの低下はなかった。
     延長は、今日も10連打で、左、右、左、左。いずれも見ないことによって、威力を維持でき、昨日ほどひどい疲労に襲われることはなかった。終了後、珍しくドン先生に「動きも体もいい」と誉められる。
     1日ごとに向上していることを実感し「明日も」という気持ちはあるが、欲張らないようにしよう。。
     サンドバッグでマッ1ラウンド、テッ4ラウンド、シャドーで課題の再確認をして終了。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 17:44 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE