<< ついにジム復帰し、課題を実行できるが、内容は不満が残る結果に | main | 連打で呼吸の活用は実現できなかったが、疲労の回復は早い >>
0
    ミット10連打は、横結合と「見ない」ことで威力が高まり、昨日の不調を払拭
     昨日のようなミット内容は許されない、と心に決めつつ、テッの膝高や軌道の課題を胸に、ジム入り。
     雨なので、外でのタイヤは行わず、ロープを再開するが、1分も続かずに中断。なぜだ? 感覚が狂ってしまったのか? 途中でやめておこうかとも思ったが、3ラウンド続けるうちに、右手の角度が変わっていることに気づき、やっと修正することができた。気温が高くなり、汗がすごい。
     シャドー3、サンドバッグ2で、ミットへ。昨日と同じくドン先生で、テッの膝高と軌道は実行できている気はするのだが、やはり威力を感じられず、焦りが募る。
     昨日は、肩や腕に力みが生じてしまったが、今日は足に力みがあり、歩法が狂った。脱力して修正する。
     連打は5が多く、横結合を意識できる。3ラウンドを終えて、延長の10連打開始。左、右、左、左。昨日は焦りと力みで低下したが、今日は横結合と「見ない」を実行すると、威力が高まった。これだ! 最後の左10連打2セットは、2セット目で、さすがに疲労が高まり、終了後、座り込むほどだった。
     サンドバッグで復習。マッ1ラウンド、テッ5ラウンド。軌道が、だいぶ自然にできるようになってきた。
     シャドー1ラウンドで各身体操作を確認して終了。
     昨日の低下を脱することができ、少し良い気分だ。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 15:02 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE