<< 脱力すべきところに力みが生じてしまい、すぐに修正 | main | ミット10連打は、横結合と「見ない」ことで威力が高まり、昨日の不調を払拭 >>
0
    ついにジム復帰し、課題を実行できるが、内容は不満が残る結果に
     ついにジム復帰!
     さすがに怖さと不安が募る。ジムへ行くこと、練習することは、自分にとって良いことばかりで、幸福の根源なのだ、と本気で思っていても、ジムへ近づくに連れ、心臓の動機が高まった。
     ジムのドアを開けて中に入ると、長く休んでいた理由を先生に聞かれ、痛風の報告をしたら、大笑いされ、すぐ和やかな雰囲気になった。同じく痛風で苦しんでいた会長も笑って迎えてくれている。私なぞ突然いなくなっても、誰も気にしないだろうと思っていたが、こうして笑顔で迎えられることは、たいへんありがたいことだ。
     ロープのグリップは手首が曲がって痛みが生じるので、タイヤから開始。序盤は、ふくらはぎに張りが感じられたが、脱力して、すぐ解消。各種ディアムを行うと、以前と比べ、まったく疲れないに等しい。汗は適度に流れた。
     シャドーで、今日の最大課題である、テッの膝10センチ高を実施してみる。動くことは可能だが、ミットやスパーで同じ高さに上がるかは、まだわからない。
     シャドー2ラウンドのみで、ドン先生のミットへ。1ラウンド目はマッのみ。右を普通に出すと、徐々に痛みが増してくる。しかし、構わず続けていたら、痛みを忘れた。マッなら、いくらでも続けることができる感じがある。
     2ラウンド目からは、足技も加えて通常ミット。膝5センチ高は実行できている。脇脱力も意識して実施。しかし、威力の高まりは感じられなかった。
     先生は「少し」と言っているので、復帰日だけに軽めになるのか?と思っていたら、2連打、5連打と増えて、ラスト30秒で、左10連打、右10連打2セット、左10連打、と以前と、ほぼ同じ内容になった。久しぶりに内臓疲労を感じ、連打で低下した。これが長期欠席の結果か。復帰を果たした自分にご褒美を、と思っていたが、この内容では、それどころではない。
     ミット前に不足していたシャドーを2ラウンド。テッの脇脱力と膝5センチ高に専念。サンドバッグでマッ1ラウンド、テッ2ラウンド。シャドー2ラウンドでクールダウン。
     量は少ないが、第一日目は、このくらいに抑えておこう。
    | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 14:07 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE