<< 腰と脇の脱力によりカウが進展 | main | 片手を使えない状況で、どう動くかを追求するにはシステマは良い機会 >>
0
    曲がる側の脱力は防御動作でも効果を発揮
     痛みのひかない右手の血行を促すべく、シャドー10ラウンド。
     昨日に進展のあったカウは、チャモアペット師の写真と見比べて、腰の位置を修正すべく行う。
     テッは結合が前に流れてきたが、ディアムの背脱力と腕落下、そして左脇脱力で回復させることができた。
     曲がる側の脱力は、適用範囲が拡がり、ドゥンでも効果を発揮。あれほど膝の痛みが出た後ろ膝屈曲が楽にできる。これに脇脱力を加えれば、ドゥンは完成する。またしても進展があった。
     五行の気、各種舒筋法を入念に行って終了。
    | BUDO-STATIONムエタイ自主練習 | 20:43 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE