<< 滑らせる踏み込みで相対軸化 | main | 胸はパーシャルで効かせる・腹はジャイアントセット >>
0
    スパーで打たれながらも攻撃を出し続け次回に光明
     ジムへ向かう道で、「一生懸命やってはいけない」「適当に」「バレないようにサボる!」と思いながら歩くと、笑いが起きた。こんなリラックスした状態で練習しよう、とジム入り。
     日曜にしては、寒さのせいか人が少なくスペースがあるので、ロープから。シャドー3ラウンドを「適当に」行って、ミットへ。ミットに備えると、とたんに緊張が走る。さっきの心掛けはどうした?
     ミットはドン先生で、いきなり左10連打2セット、右10連打2セットで始まる。最初に行うので課題の身体操作が実行できたが、さすがに疲れた。回復をはかりながら動き続ける。時間の意識は明確にできたが、身体操作は不十分だった。
     3ラウンド目はマッのみ。マッだけなら、いくらでも動けるはずだったのでに、4連打5セットで肩に力が入り、ラスト30秒の連打でも力みが抜けず、焦点がミットに集中してしまった。マッの連打でも「見ない」「力を抜く」ことが今後の課題となった。
     サンドバッグでマッの復習2ラウンド、テッ2ラウンド。
     スパーはフェイントのうまい先輩と4ラウンドの神経戦。リング外で見ているドン先生から動きを評価されるが、その対象がテッサーイで、完全に警戒されてしまっているため、1回しか入らなかった。先輩はマッ中心の戦法からテッタン攻撃に切り替え、だいぶもらった。このへんの対応も課題となる。
     続いて190センチくらいの相手と2ラウンド。前回、だいぶやられて苦手意識が生まれており、今回もサンドバッグ状態となり、いかんともしながたい戦況だったが、終盤になって中間距離で打たれながら連続攻撃をすると、何とか互角の展開に持ち込めた。次回に光明の見える終わり方となった。
     シャドー2ラウンドでクールダウン。
    | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 21:54 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE