<< ミットでの内臓疲労を呼吸で回復に努める | main | ミットでも踏み込みを実行でき、連打での結合などを修正 >>
0
    9分割法でとらえ、修正に専念
     ムエタイ4連戦は、後半2日間に入る。…そう思った直後「いや、ラスト30秒だ」と思い直す。9分割法では、残り半分はラスト30秒ととらえる。もはや先のことを考えずに突っ走ろう。
     しかし、身体操作については細心に。問題点が明確になっているため、新しい身体操作を加えるのではなく、修正のみに専念する。そう考えると、精神的に楽になった。
     ロープに始まり、シャドー3、サンドバッグ1で、ミットはドン先生。連打で結合が横に流れてきて、良い傾向になった。ラストの10連打2セットで、ひどい低下はなし。少し好転した感じがする。
     サンドバッグ6で、昨日、分析した武尊氏式のインローを行ったら、頭の位置と踏み込みの関係が明確になったので、テッカーンにも摘要。これは良い感触だ。
     クランチ20、クロスオーバー左右各10、レッグレイズ1。
     シャドー2で舒筋。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 17:29 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE