<< 膝を関与させない下半身トレーニングで、膝の痛みを軽減 | main | 位置取りの意識で相手との位置関係を明確化 >>
0
    テッは2連打で腕と大腿の外発動に頼ってしまい、新たな課題
     日曜の失態があるためか、ジム入りを前に不安がある。しかし、近づくに連れ、無心になっていく。
     ロープに始まり、いきなり膝の痛みを感じるが、終えるころには痛みが消えていた。そう、ムエタイの練習をすれば、さまざまな症状が消える。
     シャドーは試合想定で3ラウンド。サンドバッグ1ラウンド。
     ミットはウー先生。マッはクワーの落下、サーイの寄せとも実行でき、強力。その分、ンガなどが相対的に弱い感じがする。
     テッはクワーの感触が良くない。
     連打は2までで、腕の振り、大腿四頭筋の外発動に頼ってしまう。5連打ならば、修正できたのでは? 2連打で正しい動きができるようにすることが、5連打や10連打の向上につながる。ミットは4ラウンド行ってもらえて、精神的には救われた。
     サンドバッグでマッの復習3ラウンド、テッ2ラウンド。
     クランチ100、クロスオーバーツイスト左右各50。
     シャドー2ラウンドで舒筋。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 21:51 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE