<< 大腿と上腕に専念 | main | 指導によって、できないと思っていた動きが可能になる >>
0
    2連打の連続で、いつまでも続けられる感覚を得る
     練習に対し、不安はないはずなのだが、少し湧き上がってくる感じがある。前回のラスト10連打連続の影響だろうか? よけいなことを考えず無心になってジム入り。
     ロープは9分割をほぼ正確に実行でき、シャドー3、サンドバッグ1のみで、ミットへ。
     ウー先生で、無反動化によるマッの強打を確認できる。落下、寄せも少しずつ実行できている。マッタワットの力みが減って、正確さが増した。
     2ラウンド終了時に、疲労を感じるが「じゃあ、どこが苦しいんだ?」と自分に問うと、場所を明確にできない。なら苦しくなどない、とシステマ式呼吸はしながらも、勢いを増した。
     連打では、腕の動きと着地位置が、ゴンナパー氏式に近づく。力みはない。連打は5までだったので、10でも、この動きで疲労なく動けることが重要だ。
     3ラウンド目の最後約1分は、2連打の連続。なぜか低下する意識はなく、むしろ脱力でき、いつまでも続けられる感覚を得られた。
     3ラウンドの後は、やはり4ラウンド目を行ってもらえて、マッとソークに専念。
     サンドバッグでマックワーの復習1ラウンド、テッサーイの入り方を4ラウンド。
     シャドーで除菌して終了。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 16:29 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE