<< 胸は低重量とパーシャル、腹は高回数 | main | ゴンナパー氏式連打の課題 >>
0
    内臓疲労を感じたら「どこが苦しいのか?」を明確にして呼吸で緩和
     ゴンナパー氏に続いてジム入りし、2人で並んでロープ。9分割の正確度が向上。
     ロープを続けているゴンナパー氏より先にロープを終え、リングでシャドー4ラウンド、サンドバッグ1ラウンド。
     先週に引き続きウー先生のミット。回転の速さは変わらないが、連打は3までと少なかった。その分、動作を正確に行うように努める。ゴンナパー氏の連打を見学し、腕の振り位置を修正してみた。まだ実行がうまくできないが、これで改善させたい。
     2ラウンド目で内臓の疲れが出るが、「どこが苦しいのか?」を明確にしてシステマの呼吸で緩和させるように試みる。かなり成功したと思う。
     今日も嬉しい4ラウンド目。冒頭のみテッを行うが、以後はマッとソークのみ。ソークの頻度が特に高く、得意な技だけに動きを維持できた。
     サンドバッグでマッ1ラウンド、試合想定4ラウンド。
     シャドーでクールダウン。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 16:56 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE