<< 指導を通して自分の修正ができる | main | 胸は低重量とパーシャル、腹は高回数 >>
0
    ミットは弛緩できたが、スパーで3ライプの相手に敗北感
     ロープは行わず、シャドー3、サンドバッグ1で、ミットへ。今週は全回ウー先生となった。いきなり高回転で、これでもつのか?外発動にならないか?と思われたが、その瞬間、弛緩することができて、以後、無駄な力みが生じなくなった。反撃が多く、攻撃が中断されがちだったことも幸いして、集中と強打を持続することができた。
     しかし、マッの血の気や寄せは不十分だったので、サンドバッグで復習1ラウンド。テッを入れた試合想定で3ラウンド。
     スパーは3人で回って8ラウンド。
     フェイントのうまい相手には、顔を見ないようにしていたが、足のフェイントに変更され、その対応力に驚かされた。また課題が生じた。
     マッサーイのうまい相手に、シャドーで想定している通りの展開で、出てくるところへカウンターを狙う。何度かもらう場面があったが、テッサーイを入れる数は、それを上回った。
     大型の相手が前に出てくるとき、つい下がったり、見てしまったりした。ここでこそテッサーイのカウンターだ。絶好の機会を逃してはならない。
     今回は、久しぶりに敗北感を味わうスパーとなった。
     スパーで十分動けたので、シャドーでクールダウン。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 20:07 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE