<< 下半身を徹底 | main | システマで、痛みのある部分以外の反応を知る >>
0
    ミットはマットロンクワーをクンヤックで行い強化、スパーでヤーンジョーラケーを活用
     気温が上がらず、風が強く冷たい。そんな日だが、人は多め。
     ロープは1・2ラウンドとも時差10秒(3ラウンド目は計測せず)。
     シャドー4、サンドバッグ3。
     ミットはドン先生。マットロンクワーは、クンヤック式にしたら、正確に打てて、威力も上がった。
     テッは単発を連続で行うと(連打ではない)、徐々に強力になっていく。良い傾向だ。連打は5までで、大きな疲労はなく、集中と威力を維持できたが、3ラウンドを終えて延長に入り、テッ10連打を4セット。さすにがきついが、前回ほどの低下はなかった。わずかながら向上を実感する。
     スパー3ラウンド。ヤーンジョーラケーで動き続けると、カウバンの反応が良くなった。テッサーイは、かなり決まったが、読まれる率が半分くらい。まだ間合いに入っていない大開で蹴った場合、間合いに入っても事前の作りが中途半端だった場合に読まれる。テッサーイを決めるための作りが課題となった。
     サンドバッグでテッ1、マッ2。
     ゴンナパー氏のミットを見学し、10連打を目から修得しようと努める。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 15:13 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE