<< 徹底した実戦想定のナイハンチは、競技にも直結する技術だった | main | ほぼ、いきなりのミットで力みが生じる >>
0
    ダンベルで行っても脱力ができる

     前腕の筋肉も関与させるべく、ダンベルで行う。
     ダンベルベンチをパーシャル下側で9キロ10回3セット。この角度だと、前腕は脱力して行うことができた。
     ダンベルベンチをパーシャル上側で9キロ10回3セット。こちらは前腕関与。しかし、徐々に脱力していける。胸に良い感じの刺激が得られた。
     ダンベルフライをパーシャル下側で9キロ10回3セット。少し前腕関与。
     ダンベルフライをパーシャル上側で9キロ10回3セット。かなり上で受け止める感じが効いた。


     クランチ30回・ストレートレッグトゥタッチ30回・ヒップスラスト30回・オブリーク左右各30回・クロスオーバーツイスト左右各30回をジャイアントセットで1セット


     スミスマシーンでデッドリフト20キロ12回、40キロ10回、50キロ6回2セット

    前腕
     バーベルリストカールをドロップセットで20キロ12回3セット
     バーベルリバースリストカール20キロ12回3セット

    五行の気、ディアムで舒筋。
    | ウェイトトレーニング | 14:19 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE