<< 逆ひねりでマックンヤックを強化 | main | マッの無反動化、テッの肘先導と体側軌道によって、強力。マッの延長ラウンドは定着化か? >>
0
    逆ひねりで威力が如実に向上
     日曜のミット10連打の連続における疲労、スパーでの苦戦によって、月曜は、やる気がかなり低下していたが、火曜日を通じて徐々に高まり、平常心に戻ってジムへ。
     ロープは、9分割の正確さが高まり、弛緩もかなり進んだ。
     シャドー4、サンドバッグ2。
     ミットはドン先生で、テッの威力を感じる。音がいい。単発が強化されたせいか、連打は5までと少なく、強打に集中できた。
     マッは無反動化を実行でき、逆ひねりを行うと、自分でもわかるほど威力が出た。マッの指示が多くなり、3ラウンドを終えて、マッのみ1ラウンド延長してもらえた。名誉なことである。
     サンドバッグでマットロンクワーの踏み込みを重視して1ラウンド、テッサーイ1ラウンド、テックワーとマットロンクワーを2ラウンド。
     ダンベルベントロウ10キロ10回、9回、9回、9回。
     シャドーで舒筋して終了。
     日曜から月曜にかけて、やる気が低下していたが、内容が良かったため、気分は一転。やる気がみなぎってきた。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 14:41 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE