<< マーシャルボディで8の字の有効性を確認 | main | マシーンフライを2分割したら別種のトレーニングとなった >>
0
    ミットは10連打の連続、スパーで組む動きで打つことを実験して苦戦
     日曜のわりには人が少ないが、ロープは省略して、シャドー3、サンドバッグ2。
     ミットはドン先生。1ラウンド目から連打が始まる。蹴り下ろしの脱力が課題で、単独の10連打では少し実行できる。しかし、10連打を左のみ4セット指示され、さすがに低下してしまった。3ラウンド目はマッとカウのみ。10連打が多くテッの余力がなくなっていたので、これはありがたかった。しかし、焦りのせいか前足落下や後ろ足寄せの課題がなかなか実行できず流れぎみで、終盤になり、やっとでき始めた。
     サンドバッグ2ラウンド。
     スパー。180センチ超の相手に、動きながら接近する方法を試みるが、中に入るとマッを執拗に出され、けっこうもらってしまった。しかし、動き続けているので、ダメージはない。
     いつもスパーを行う年輩の方には、前手のマッを1ラウンドに1回ずつヒットさせられた。最初はマウスピースで舌を噛んでしまい、驚いて動きが止まってしまった。
     全体に、土曜に研究した組む動きで打つ戦法を試したが、最初だけ相手は反応しないのだが、すぐ反応するようになってしまい、効果が出せなかった。いつもの動きができなくなった分、苦戦する結果となった。
     スパーを終えると、もう練習はいい、という感じになり、軽くクールダウンして終了。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 18:38 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE