<< 10連打の威力が向上 | main | 単独の10連打に向上と自信 >>
0
    マッは脱力できるが、テッは連打で力みが生じる
     ジムに一番乗りし、ロープ3、シャドー6、サンドバッグ2。
     ミットはウー先生で、日曜とは異なりマッサーイを解禁。マットロンクワーは落下踏み込みを実行できなかったが、強打はできた。マッのコンビネーションで、だいぶ脱力が進む。しかし、テッは5連打で力みが生じた。全体が良好になるのは難しい。
     サンドバッグでマックワー1ラウンド、テッサーイ1ラウンド、テックワー2ラウンド。
     クランチ6キロ8回3セット。
     シャドーはパムの動きを交え、舒筋法として行う。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 16:21 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE