<< 15歳の高校生とスパーは良好な動き、スパー後のミットも充実の内容 | main | ミットでソークを誉められ気分は最高 >>
0
    1時間目はマッの第二段階へ、2時間目は位置を変えながら内発動の修得
     1時間目
     技を限定せず、自由に動くシャドーに変更して、3ラウンド。相手へ先に攻撃を当てるイメージで1ラウンド。マッハヌマーンを解説し、ミットでも行う。いきなり強力になった。以後、マックワーの変化へ進む第一段階とする。ミットで蹴り。
     そして、パム。組みが強くなってカウを出しにくくなった。先週の崩しを型化して解説し、カウを出してきた相手への崩し2種も解説。
     2時間目
     シャドーの後、ミットでマッの手先導・肩甲骨発動・引き伸ばし・血の気落下・無反動化を確認。予備動作を排除するため、ミットに拳を当てた位置、ミットから1センチ離れた位置でも入念に行い、正確な身体操作の修得に近づいた。威力は確実に向上している。
    | BUDO-STATIONマーシャルボディ | 15:39 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE