<< ミットでマッの強打を確認、スパーで長身の相手に苦戦 | main | 15歳の高校生とスパーは良好な動き、スパー後のミットも充実の内容 >>
0
    膝の故障はムエタイに支障なし
     昨日のスパーで、ティープに耐えて膝の靭帯を傷めた。起動時、大きく曲げたとき、伸ばしきったときに痛みが出る。しかし、ムエタイでは、極端な曲げ伸ばしは行わない。日常生活に多少不便があっても、ムエタイには問題はなかろう、いざ動かなくなったら中止すればいい、と練習に臨む。
     ロープから開始して問題なく動け、シャドーでも支障がなく3ラウンド。カウクワーだけは大きく曲げる瞬間があるためか、痛みがあった。サンドバッグでマッ1ラウンド。
     ミットはウー先生で、マッの強打ができる。引き伸ばしと血の気落下が課題。引き伸ばしはまだ不十分。血の気落下は、マッタワットで大きな威力を発揮した。テッは肘先導で好調。連打は2までで、威力を維持することができる。さらには、ラウンドの進行把握も正確さを増し、仮にあと1分と認識したところが2分であっても、動じることなく動き続けることができる。
     サンドバッグでマックワー1ラウンド、テッサーイ2ラウンド。プッシャップ100レップ法。五行の気。パムの指導風景を見学。パムに参加したいところだった。
    | ジム練習(シャドー、サンドバッグ、スパー) | 14:48 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE