<< ジム始業日に今年最初のウェイトで鍛錬部位に集中 | main | マットロンクワーサーイをワンツーで >>
0
    今年初のジム練習は課題の生じる内容
     ムエタイジム今年初練習。12月30日の納め以来、5日の休業をおいて本日からだが、不安はなく、昨夜から、やる気がみなぎっている。
     通常より30分早くジム入りしても、先着は8人。しかし、9番目とは、今年初にふさわしい良い番号だ。
     ロープを行うにはスペースが厳しいので、シャドー4ラウンド、サンドバッグ3ラウンド。
     ミットは、いきなりテッサーイの打点がはずれるという失態から始まり、外発動の攻撃が続き、良からぬ疲労が続いた。カウなど得意の攻撃も会心の動きにならず、ソークだけが威力を感じられる。納得のいかぬ内容で終わってしまった。やる気が力みにつながってしまったのか。年頭早々に課題が生じた。
     スパーに移り、休日のメンバーを中心に、スウェーデン女子キック王者も交えて5ラウンド。血の気を使ったマッは、非常にヒット率が高かった。テッは、これまでジャップされてきた先輩に対し、ジャップされる率とヒットする率が等しくなり、少し向上を感じられた。スウェーデン女子にもテッを高確率でヒットできたが、ティープをカウンターで決められて吹っ飛ばされたり、テッカンコーを正に首へ当てられたり、という場面もあって反省しなければならない。
     スパーを終えて、軽くクールダウンして終了。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 15:45 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE