<< 大腿をくまなく、そして内発動 | main | パムで急速に手強くなった相手 >>
0
    ミットは単発中心で打突音が変化、スパーとパムも行って充実の内容
     ジム入りすると「これは本物中の本物!」といった風貌のナックモイがいる。聞けば、ラジャの現チャンピオンであるヨーキッサダー・ユッタチョンブリーとのこと。こんなすごい人と同じ空間で練習するのか。それだけで少し緊張が生じ、ロープを終えてのシャドーの1ラウンド目は力みが生じた。
     しかし、少しずつ脱力が進み、シャドーは計4ラウンドで、ミットへ。ドン先生で、単発が中心。前回と一転して、打突音が違い、ゲーオ氏らの音に近づいた。
     連打は5までと少なく、受け返しが多くなって、体力的には楽になり、正確な動き、強力な打撃に専念できた。
     スパー3ラウンドでは、テッの入る間合いを確実にすることに努め、多くの技を試すことはせず、テッを入れるための布石でマッを放つ展開とした。テッのヒット率は高かったが、間合いを誤ると、警戒されてしまう。蹴り急ぎは避けねばならない。
     パムは、2人を相手に回って計4ラウンド。いずれも極めたり転がしたりしてくる相手ではないため、首をとってカウ、の流れに終始でき、先生からは「きれい」と評価してもらえた。
     1人は、カウを出す瞬間に崩す技に長けていたので、そのタイミングと動き方を、終了後に教えてもらう。これを明日のマーシャルボディで復習しよう。
     プッシュアップ10、4、3、3。
     シャドーで舒筋。
     ミットの内容が良くなり、スパーとパムを行って、前回より、はるかに充実した。
    | ジム練習(シャドー・ミット・スパー) | 14:52 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE