<< ミットで、マットロンクワーの落下が良好になってくる | main | 外発動と内発動で下半身を鍛える >>
0
    無反動化などが実は修得できていないことを知らされ愕然
     孝真会にて、川嶋佑先生の指導による格闘研究塾。
     最初は、刻み突き。後ろ足の無反動化、手から引っ張られる感覚、上体の角度を変化させるなど、要点を整理して説明していただき、まだ理解ができていなかったことを思い知る。突き側の引き伸ばしを質問したら、それは違う技になるとの答え。これまで、マットロンクワーを刻み突きの一種としてとらえていたが、別物と教えられて、すっきりした。
     次に突き手の無反動化。拳を返す位置、肘の位置、肘から拳先までの角度など、これも詳しく解説していただき、さらには拳を押さえていただいて、押し返す実験もして、なかなか押し返すことができず、肘が開いて肱から拳先までの角度もずれていたことが明らかになり、無反動化できている、と自分では思っていたが、できていなかったことを知らされた。
     続いて、ハイキックの身体操作。これはできているつもりだったが、上体の後傾と軸足側の引き伸ばしを、どう整合させるか?が疑問だったところ、それは相手や距離によって変化させる、という答えをいただけた。
     最後は、気合い。先生が、力みの生じない気合い、と書かれていたのだが、それは「四肢を力ませない」気合いということで、自分の気合いの出し方が、まちがっていなかったことを確認でき、安心した。気合いは、技を出す方向やタイミングをはずすことによって、相手の意識を散らすこともできる戦術でもあることを指導された。
     今回は、スパーなし。
     自分では、できていると思い込んでいたこと、できていなかったことなどへの明確な解答を得られて、明日への大きな理論的土台となった。
     川嶋先生、ありがとうございました。
    | 格闘研究塾 | 19:45 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE