<< ミットの連打で引き伸ばしを実行し、威力と速さの低下と力みがなくなってきて前進を感じる | main | 無反動化などが実は修得できていないことを知らされ愕然 >>
0
    ミットで、マットロンクワーの落下が良好になってくる
     祝日だが、通常より遅れてジム入り。当然、中は満員で、すでに2組がミット中。
     タイヤで、引き伸ばし中心に準備。シャドー3、サンドバッグ2で、ミットへ。今回もドン先生で、課題のマットロンクワーは、だいぶ落下ができるようになり、指示の頻度が高まった。連打は2までで、単発の身体操作に集中できる。3ラウンド目は、マッとカウのみ。ここでもマットロンクワーが多く、威力を確認できた。
     サンドバッグでマッ2、テッ2、マッとテッ2。
     スティッフアームチニング12回3セット。
     シャドー3ラウンドで舒筋。終盤になって、テッの胴体脱力・軸足脱力が良くなり、全体の動きが向上する。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 14:12 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE