<< ミットは連日で連打の嵐!急激に疲労しても回復が早い | main | スパーでマッを評価してもらえる >>
0
    連戦4日目のミットは、この4日で最高の出来。胴脱力とビーコーによる結合と引き伸ばしを発見、実行
     ジム連戦4日目。朝、起きるのが辛く、少し怖さを感じるが、練習のことを考えたら、緊張が生まれる。緊張したなら、いつものように弛緩すれば良く、落ち着くことができた。
     連打のことを考えて、引き伸ばしを行ってみると、頭を動かすことで、動かす側の結合と、反対側の引き伸ばしが同時にできることを発見する。これには胴を脱力していることが前提となるが、これまで四肢の脱力は意識したが、胴は意識したことがなかった。ジムで試すことにする。
     平穏にジム入りし、土曜にしては珍しく人が少ないジム内でロープ。
     シャドー2、サンドバッグ3で、ビーコー・結合・引き延ばしを練習し、ミットへ、
     3日連続でドン先生。1ラウンドは、単発中心で回転が遅めのため、正確な動作を重視し、マッ、カウ、テッとも強打ができる。ただ、テッの胴脱力した結合と引き伸ばしは十分できるには至らなかった。
     2ラウンド目は回転が速くなり、先生の移動も速くなるので、歩法も要求され、弛緩して滑らかに動くことができた。
     そして3ラウンド目。やはり連打の嵐となる。20連打はなかったが、10連打までを、さまざまに変化させて行う。極度の疲労に陥ることがなく動き続けることができ、内容は異なるものの、この3日間で最も良い動きができた。
     サンドバッグでマッ2ラウンド、テックワー2ラウンド。ビーコー・結合・引き延ばしを入念に復習した。
     クランチを脱力を効かせて30回、クロスオーバーツイスト左右各10回、クランチをパンプセットで100回。
     シャドー2ラウンドで舒筋。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 16:05 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE