<< ミットは延長ラウンドで20連打まで | main | 連戦4日目のミットは、この4日で最高の出来。胴脱力とビーコーによる結合と引き伸ばしを発見、実行 >>
0
    ミットは連日で連打の嵐!急激に疲労しても回復が早い
     ジム連戦3日目。朝は、惰性になってきた感が少し生じて、正に3日坊主だと思ったが、すぐに緊張→弛緩の流れと切り替える。
     ロープは、前腕に力みがあるが、これによって脱力につながると思うと、もっと力を入れて疲れさせよう、という気も起きてくる。
     シャドーは、無反動化が良好な感触となって6ラウンド、サンドバッグでマッ2ラウンド。
     昨日に続いてミットはドン先生。今日は、あんな連打の嵐はないだろうと予想。昨日と同じく、1・2ラウンドを、強打で通すことができ、さらに攻撃目標を見ない視線も少しずつ可能になってきた。
     しかし、3ラウンド目で、いきなり10連打左右から始まり、5連打や10連打の嵐。20連打こそなかったが、ラウンド中ほとんどが連打で急速に疲労する。しかし、昨日と同じく、疲労が脱力につながり、良好な身体操作を促すと思いながら行い、連打の直後は、身体が動かない、と感じられながらも、次の攻撃を行ううちに回復してくる。この回復力が我ながら誇らしい。
     サンドバッグでテッ3ラウンド。左足の甲が切れてしまっているので、テッタンクワーのみ。無反動化を促進できた。
     スティッフアームチニング12、11、10。
     シャドー2ラウンドで舒筋。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 14:31 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE