<< 無反動化による威力向上、パムの直後にテッが強化される現象 | main | ミットは連日で連打の嵐!急激に疲労しても回復が早い >>
0
    ミットは延長ラウンドで20連打まで
     ジム連戦2日目。もはや逃れることはできない、やり続けるしかない、という覚悟になっているので、平穏な気分でジム入り。
     タイヤで各種身体操作の準備。久しぶりに時間が早く感じられた。
     シャドー5ラウンドで、ミットへ。
     ドン先生なので、無茶な要求はないだろう、と安心して開始。マットロンクワーは、踏み込みが生じてしまう場面があったが、冷静に落下して修正。マットロンサーイは、閉跨が効いて強力。テッは、開足に落下を加えて、威力が向上。たいへんに好調だ!と続けていたが、3ラウンドを修了して、終わらない。インターバルも動き続けて4ラウンドに入り、5連打、10連打の連続。10連打は連続3セット、さらには20連打を2セットという「無茶な」要求が続いて、さすがに失速した。しかし、以前は「やっていられない」という気持ちになったが、今回は「疲労して脱力すれば、より良い動きになる」との意識を保つことができた。
     サンドバッグでマッ2ラウンド、テッ4ラウンド。
     プッシュアップ9、3、3、2。落下腕立て15回2セット。
     シャドー2ラウンドで舒筋。
     ジムを出て歩きながら、ミットの場面を思い出し、なぜか笑いが起きた。以前は「ひどいじゃないか」といった感情だったが、今回は楽しさが湧いてくる。この変化は大きい。明日も連戦に挑む!
    | ジム練習(シャドー、ミット、パム) | 15:06 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE