<< K-1決戦の日は、先生方不在のため、ミットに匹敵する強度を自分で作り出さねばならない | main | 大腿と腹で集中 >>
0
    ミットで初めてテッスーンとカウローイを行う
     出発が遅れて、ジム入りすると、中はすでに満員状態。当然、タイヤから。中に入ってもスペースがないので、4ラウンド行った。シャドーも外で、マッを4ラウンド。
     中ではミットが始まり、リング下が少し空いたので、カウとテッのシャドー各1ラウンド、サンドバッグでマッ2ラウンド、テッ3ラウンド。
     ミットは「野沢は毎日やってるから」と言われて、2ラウンドのみ。「楽になる」と一瞬、思ったが、すぐに気持ちを入れ換え「このラウンドで出し切る!」と臨む。今回は、昨日のゲーオ氏のKO勝ちゆえか、ハイキックを初めて指示された。頭の上にミットを上げられ、さすがに届かず、崩れることが多かった。さらにはカウローイも初めて行い、これもうまく当てることができないままだった。
     試合観戦に出るため、ミットの後は、シャドーでクールダウンして終了。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 18:28 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE