<< 良好な内容で4連戦をスタート | main | K-1決戦の日は、先生方不在のため、ミットに匹敵する強度を自分で作り出さねばならない >>
0
    攻撃目標を見ない意識が少しずつ実効でき始め、良好な内容のミットとなる
     システマで学んだ特定部位から息を吐く意識が、かなり実用できるようになり、電車の中で各部位を弛緩させていくと、眠ってしまった。精神的な準備ができなかったためか、駅からの道のりでは、少し不安が生じた。しかし、それも弛緩して解消する。
     タイヤは、冒頭で、ふくらはぎに張りを感じるものの、以後は順調。
     シャドー5ラウンド、サンドバッグ2ラウンド。
     ミットはウー先生で、マッの威力は前回同様。無反動化は前回ほど成功しなかった。テッ連打は5までだが、複数セットを連続するため、強度が高い。しかし、威力と速さの低下はなかった。上体後傾は連打中の終盤に崩れる。攻撃目標を見ない意識が少しずつ実効でき始め、全体的に良好な内容で終了。
     サンドバッグでマッ1ラウンド、ソーク1ラウンド、テッ4ラウンド(うち1ラウンドは、1秒に1回のペースで打ち込み。左30回、右30回、左30回、右30回、左10回、右10回どまりだった)。
     クランチ100回2セットで、ドン先生のゆうちょ銀行口座開設を頼まれ、中断。
    | ジム練習(シャドー・サンドバッグ) | 19:00 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE