<< 低重量でも、筋肉を確実に刺激 その秘密は脱力にあった! | main | 疲れずに動ける身体に戻りつつある >>
0
    マットロンサーイの肩先導は修正急務
     内発動トレーニングから開始。

     挙上落下スクワット30回
     挙上浮上スクワット30回
     下垂落下スクワット30回
     下垂浮上スクワット30回
     挙上踏み込みスクワット30回
     下垂踏み込みスクワット30回

     シャドーでカウ1ラウンド、テッ1ラウンド、マットロンクワー1ラウンド、ソーク各種1ラウンド、マットロンサーイ1ラウンド、マッ各種1ラウンド
     五行の気5回、各種舒筋法

     撮影して動きを確認。
     マットロンクワーは、その場落下、手先導、無反動化が、だいぶできてきた。
     マットロンサーイは、閉跨は成功。しかし、ひどり肩先導で、しかも「打ち」になっている。深刻に修正しなければならない。
     カウは膝先導、大腿裏側を脱力して膝を鈍角にしたつもりだったが、映像を見ると鋭角になっている。結果として鋭角になっても問題はないだろう。むしろ良いことだ。腕はもっと大きく動かしていい。
     テッは左腕の位置が、また上がってきてしまった。もっと体に沿わせるように修正しよう。
    | BUDO-STATIONマーシャルボディ | 20:42 | - | - | - | - | ↑TOP
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE